風の簡単な使い方

このドキュメントは、開発段階のものです。

開発履歴を見る

(戻る)

基本3箇条
1.アドレス帳
「アドレス帳」→「差出人の設定」を開き、名前とサーバー等を入力します
同じく、「新しい人を追加」を選び、送りたい人を追加します。

マウスで、アドレス帳を上下にドラッグすると、ズームして、中身を見ることができます。

2.送信
メールを送るには、字を書いて送信ボタンを押します。
一行目がメールの件名になります。

3.受信
メールを受信するには、「メール」メニューから「受け取る」を押します。
受信すると自動的にアドレス帳に追加されていきます。

返信するには?
メールの件名の横の「返信」ボタンを押します。引用付きで返信するには、「> 返信」の「> 」の部分を押します。

転送するには?
メールの件名の左横のメールのアイコンをアドレス帳にドラッグします。

複数人に送るには?
文章を書いた後、他の人名前の左端をクリックすると
「同」という漢字が入ります。メールを見ると、その人の名前が入っています。
グループの頭をクリックすると、グループ内の人全員に「同」が入ります。

また、「メール」→「複数人への送り方」で、CC、BCCも選べます。

ファイルを添付するには?
「ファイル添付」を押すほか、ファイルをドラッグして持ってきても付けることができます。

メールの削除
人全部の削除は、人を右クリックし、「削除」します。削除したら、元には戻せません。
特定のメールだけ削除するにはメールの件名欄の「削除」を押します。
件名は残りますが、これは仕様です。復元するには「復元」を押して下さい。

常駐して、新着メールをチェックするには
「その他」→「風を常駐させる」を選びます。これにチェックを付けると、風を閉じても
タスクトレイに居座り続けます。また自動的にレジストリのスタートアップにも登録されます。
新着メールの定期チェックは、タスクトレイの「風」のアイコンを右クリックするか、
「メール」→「定期チェック」から適当な間隔のものを選びます。この機能は、常駐がON
でなくても、風の起動中は働いています。
新着メールがあるときは、メールのアイコンが点滅します。

ホームページからメールを送るとき、自動で風を開くには?
IE等から「ツール」→「インターネット オプション」を開き、「プログラム」タブで電子メールに
「風 - Kaze - 」を指定します。

以後、マニアックな解説

振り分けをするには?
「メール」メニューから「振り分け設定」を呼び出します。INIファイル
[グループ名]
ヘッダー=検索文字列
のように記述。グループ名は、既存のものである必要はない。
ヘッダーを2行以上書いたときは、OR検索になる。上のものほど優先順位高し。
以下、サンプル:
[未承諾広告]
subject=未承諾広告
subject=未承認広告
[携帯から]
from=docomo.ne.jp
from=jp-k.ne.jp
from=ezweb.ne.jp
[アウトルックの人]
X-mailer=Outlook Express

メールボックスフォルダの構造
MailBox1(任意に変更可)
-Dataフォルダ(アドレス帳と、人ごとのメールデータ、添付ファイル)
-Logフォルダ(メール本文、添付ファイルなどを解析する前の生メールデータ。サーバーから消すと同時に消える)
-account.ini(差出人の名前、メールサーバー等)
-sign.ini(署名)
-forward.ini(転送時のフォーマット)
-filter.ini(フィルタリング設定)
「アドレス帳」→「メールボックスの読み込み」で、アカウント切り替え
新しくメールボックスを作るには、既存のMailBox1をコピーして、加工

ヘッダーを見るには?
メール件名の右端の「H」を押す

色とフォントを変えるには
簡単に字の大きさを変えるには、Ctrlキーを押しながら、マウスのスクロールボタンを転がします。
細かく指定するには、Kaze\htmlフォルダのlist.cssを開いて自由に加工する。
list.htmlは、毎回置き換わるので、編集できない。アドレス帳部分は、今のところ変更できない

送受信中の画面を変えるには
Kaze\htmlフォルダのSend.html、Receive.htmlを自由に加工する。
ただし、埋め込みのコントロールの記述は残すように(ここに、通信中の状態が表示される)。

便利かもしれないショートカットキー
Ctrl+Enter:メールを送る
Ctrl+Space:メール作成画面までスクロールし、フォーカスを移す

HTMLメールには対応している?
受信:タグを取り除き文字だけを抽出して(プレイン・テキスト)、表示します。
    HTMLの部分は添付ファイルとして処理されます。
送信:HTMLメールを送ることはできません。
つまり、HTMLスクリプトを悪用したウイルスは、「添付ファイルを開かなければ」、問題ありません。

(戻る)